葬儀では遺族や親族は、正式礼装をするのがマナーでしたが、最近は男性は略礼装のブラックスーツを着て通夜から告別式まで出ます。


ネクタイピンは使用しませんが、カフスボタンを付ける場合はブラックを選びます。

裾はシングルで、靴は光沢のないものが良いです。

女性は通夜に洋装の正式礼装で、葬儀と告別式で和装の正式礼装に着替えましたが、現在は全て洋装で通すのが主流です。

厚木市の葬儀に関しての情報を紹介しているサイトです。

洋装と和装には格の上下はありません。
洋装では髪の毛をまとめて、髪飾りを付ける時は黒のリボンやバレッタにします。

正式礼装では結婚指輪以外のアクセサリーは認められていません。
上着は長袖で、スカートの丈は長めです。靴やバッグは黒の布製が正式ですが、光沢や金属の飾りがなければ革製でも問題ありません。

和装の場合も結婚指輪以外はアクセサリーは控えます。
季節に合った素材を着るので、冬は羽二重や一越ちりめん、夏には駒絽や平絽が良いです。

半襟や足袋、襦袢は白で、それ以外の帯や帯締め、帯揚げ、草履、バッグは黒で統一します。

家紋は実家の女紋あるいは婚家の家紋を使うので、レンタルの時に注意します。

参列者の場合は、最近は葬儀や告別式の代わりに通夜に出る人も多いので、略礼装が基本です。女性はアクセサリーを付けても良いですが、涙を連想するパールを身につけます。

大和市の葬儀にアクセスしてください。

一連のネックレスや一粒の白のパールが好ましいです。


二連のネックレスは不幸が重なるとして、葬儀では厳禁です。